製品情報 Product

ろう材関連機器 ろう付機器

N-500〈DE SAVER〉電子制御・ソレノイドバルブ組込式

パイロット炎を無くしました。
DE SAVER〈N-500〉はガス溶接、ガスろう付作業の「コストダウン・安全性・使い易さ」を最大の特長とした製品です。
(バルブレストーチはオプション)

特徴
・ガス溶接、ガスろう付を行なう時、トーチの着火動作と作業後にトーチをハンガーに掛けて消火する二つの動作だけで、煩わしいトーチのバルブ調整は不要です。トーチへの着火はスパークイグナイターのみでガスの節約をします。
・地震などの緊急災害や事故発生時にハンガーからトーチが脱落したり、機器が倒れた場合はトーチからのガス放出が2.0秒でストップします。また、電源が切れた場合に再び通電しても「フルインターロック」方式の為、電磁弁はロックされていますのでガスの放出はありません。
・パイロットフレームが無い為、パイロットノズルの詰まりもなく、着火はスパーク式ですから、扇風機やスポットクーラーの風で消える事はありません。
ボディ素材にステンレス製を採用し、着火部の取付作業が90度変更可能となり、スパーク部からの着火もよりし易くなりました。
仕様

表は横にスクロール可能です。

定格電圧 AC 100V/230V
本体寸法 120( w )×116( D )×271( H ) mm
重量 約 4kg
着火方式 スパークイグナイター
炎検知 フレームロッド
接続方法 ホースジョイント/フレアナット(M16×1.5P)

N-700

フットスイッチによる切替えにより
強炎、弱炎の2火炎の切り替えを簡易に行え、作業効率の向上に貢献します。
(バルブレストーチはオプション)

N-1000

デジタル流量計を組込み、作業管理・品質管理に最適。

バルブレストーチ

トーチからバルブを無くすことで軽量化を実現し、
ろう付作業者の作業環境を改善。

DE-2500〈DE SAVER〉
電子制御マスフローバルブ組込
・ガス流量デジタル表示

流量がデジタル表示される新時代のガスセーバーです。
「安全・コストダウン・作業管理」に役立ちます。
今まで不可能だった手ろう付作業のマニアル作りが簡単に出来ます。

省エネ
スパークイグナイター式ですので、パイロットフレームはありません。
安全
トーチがハンガーから外れてもガスは自動的に停止します。
高機能
強炎・弱炎のガス流量が設定できて、フットスイッチで選択できます。
強炎で予熱し、還元炎(弱炎)で差しろうといった理想のろう付が可能です。
管理
ガス流量がデジタル表示されるため、作業管理(流量管理)が容易です。

VAPOUR TANK ペーパーフラックス気化タンク

特徴
・ベーパータンクS-21型は、ステンレス製のため使用中のフラックス劣化や錆による変色がなく、安定したろう付が出来ます。
・ベーパータンクS-21型は、燃焼用ガスとベーパーフラックスを混合させ、安定したフラックスを供給します。
・ベーパータンクS-21型は、堅牢で耐圧性が高く操作・メンテナンスの行ない易い構造です。
・ベーパーフラックスは、メタノールを主原料とした溶材です。取扱い中は火気にご注意ください。
・ベーパーフラックスは、水分により結晶する性質があります。その結晶が各部の詰りの原因となりますので、出来るだけ乾燥したガスを使用してください。ガスの乾燥にはガスドライヤー3型をお使いください。
・ベーパータンクへのフラックス注入に便利な、スペアタンク方式の採用をお勧めします。
タンク本体仕様

表は横にスクロール可能です。

底板 8.0mm/厚
本体胴部板 5.5mm/厚
鏡板部 6.0mm/厚
フランジ 鍛遣品
ガスケット 発泡ポリエチレン
スペアタンク接続例

ベーパーホース (ベーパーフラックス専用)Φ9.5用

ステンレス製ベーパータンク S-21型
※下部はベーパーフラックス気化タンクです。上部がスペアタンクです。
タンク内に錆が発生しない為、フラックスの劣化が少なく清掃回数も減り、メンテナンスが容易になります。
写真は金属製のスペアタンクS型ですが、交換用缶(A型)やプラスチックのボトル(P型)をそのままスペアタンクとして設置することが可能です。

V.オートタンク<レベルコントロールシステム>

[ペーパータンク]+[フラックス補充タンク]+[コントローラ]

ベーパーフラックスを自動的にタンク内に補充するシステムです。
使った分だけ補充タンクからフラックスを供給するので、ベーパータンク内の液面を常に一定に保つ事が出来ます。気温が低くフラックスが気化しにくい場合は、タンクの周りにお湯をはって使用することも可能です。(高水型)
※写真は高水型になります。

スペアタンク接続例

補充タンクとベーパータンクの間に設けられた2個のバルブを制御する事で、
液面を一定に保ちます。
バルブの制御は内蔵の制御装置が行ない、バルブの1サイクル動作で約70ccの液量をベーパータンクへ補充する能力があります。

特徴
・液面一定機能で安定したフラックスの発生が得られ、加熱条件の変動が少なく、良好なろう付が可能です。
・液面センサを使用していないので、調整個所がありません。
・ベーパータンク内の液量を少なくする事が出来るので、滞留する液が減少し、液の劣化防止とフラックスの安定した発生が可能です。
・2個のバルブ制御でベーパータンクと補充タンクの間は常に遮断されているので、ベーパータンク内のフラックスが補充タンクに逆流する事はありません。
・補充タンクが大容量なので、作業途中での追加作業が不要です。
・ベーパータンクと補充タンクはステンレス製のため、フラックスの劣化を防止し無駄をなくし、経済的です。
・スイッチで1時間あたりの最大使用量を選択でき、設定された最大使用量以下の使用量には切替なしで自動的に対応します。
・補充タンク内の残量は液面計で容易に確認できます。
・外部からのON/OFF制御用信号が入力できます。
仕様

表は横にスクロール可能です。

電源 AC 100V (±10%)
外形寸法 250( W )×440( D )×880( H ) mm 約36kg
補充タンク容量 3.0 リットル
  • 製品情報
  • 自動ろう付機

  • ろう材関連機器

  • ハードフェイシング